ピル・わかるページ ホームピルを知ろう|ピルをのんだら身体はどうなる?

ピルを知ろう/ピルをのんだら身体はどうなる?

ピルの副作用

服用を開始してしばらくの間、悪心や不正性器出血などのマイナートラブルが発現することがありますが、それらは2〜3周期でほぼ減少します。 また避妊効果に影響はありません。 ピルをのむと「太る」と心配する人がいますが、低用量ピルでは、ほとんどの人の場合、心配は要りません。 以前のホルモン量の多いピルでは、血栓症や心筋梗塞などの重大な副作用が指摘されていましたが、低用量ピルではこのような副作用が大幅に減少しました。 また最近では、乳がんになるリスクも高くないとの報告が一般的です。


ピルのリスク

ピルも薬なので、副作用というイメージからリスクが心配されます。 10万人の女性が1年間に死亡するリスクとして、 ピルと日常的なリスクを比較してみると、「健康な非喫煙者が受けるピルのリスク」が1に対し、喫煙は167にもなります。 ピルの服用で女性が死亡するリスクはごくわずかです。 ただし、たばこを吸う習慣のある人がピルをのむと、 喫煙量と年齢によりますが、血栓症や心筋梗塞にかかる危険性を高めるという報告があります。 たばこを吸う習慣がありピルを服用したい人は、まず医師に相談しましょう。


ピルのメリット・デメリット

ピルにはこのようにメリットとデメリットがあります。 デメリットばかりではなく、より多くのメリットがあることを正しく理解して、ピルをのむかどうか選択しましょう。